過払い金とは
「過払い金」とは、払い過ぎた利息のことです。既に支払い済みの利息金額から、法律(利息制限法)で定められた適正利率によって算出された金額を差し引くことで算出できます。『過払い金の返還請求』は、債権者との間で和解交渉を行う際の、任意整理手続きの延長線上にあり、払い過ぎたお金を返還してもらう手続きのことです。つまり、『過払い金返還請求』を行えば、残高から過払い金を差し引くことができるので、実質、手続きをする前よりも残高が減ったり、債務が「0」になったりするのです。当サイトでは、この『過払い金返還請求』に関する手続きの流れや疑問について、細かくご説明していきます。
払いすぎた金利は取り戻せる
過払い金は、返還請求で返還できます。過払い利息はきちんとした法律上の手続きをふむことにより確実に返ってきます。返還手続きを行う際、難しい手続きも必要となってきますので、弁護士などの専門家にご相談いただくことをお勧めします。
過払い金は利息制限法による引き直し計算
『過払い金返還請求』の手続きは、利息制限法で定められた上限金利を算出し、引き直し計算を行います。利息制限法では、お金を貸す時の利息の上限が定められており、この上限は、借りている金額によって異なります。利息制限法で定められている上限金利の一定基準は、以下の表の通りです。
上限金利について
過払い金発生の仕組み
過払い金は、金融会社が利息制限法で定められた基準以上の金利を利用者から取っている
場合に発生します。利息制限法で定められた利息の一定基準は、
・借入金が10万円未満の場合 → 上限金利は20%
・借入金が10万円以上から100万円未満の場合 → 上限金利は18%
・借入金が100万円以上の場合 → 15%
であり、上記以上の利息については、過払い利息になります。つまり、上限金利以上の利息に対して支払いを行った金額が、過払い金です。
発生した過払い金の金額は、借入金の金額や借りている期間、月々に支払っている額によって異なります。また、借り入れ中に借り入れ枠が増えた場合や、利率変更がなされた場合にも金額は変わります。そのため、実際にどれくらい払い過ぎているのか?過払い金は発生しているのか?返還請求を行うことができるのか?などの判断は、一概に決定すけることはできませんが、取引を始めてから、約7年から10年ほどの期間があれば、過払い金が発生している可能性が非常に高いといえるでしょう。
返還請求で自己破産を回避
『過払い金の返還請求』は、任意整理や個人民事再生法を行う際の手続きの延長線上にあるとお伝えしましたが、自己破産を選択する前にも『過払い金の返還請求』の可能性を考えてみませんか。自己破産は、利息の返済がむずかしい、返済金の資金繰りが難しいなどの、返済不能状態に陥った場合に選択される方法です。そのため、利息や元金、借入れ金額を減らすことができれば、自己破産をしなくても済む可能性があるのです。つまり、『過払い金の返還請求』ができれば、元金から払い過ぎた分のお金が差し引かれ、借入金が減ったり、もしかしたら・・・お金が戻ってきたりすることもあるかもしれません。借入期間が短くても、まずは、過払い金が発生していないかどうかを計算してみると良いでしょう。

実際に支払っている利息金額を知りたい、返還請求手続きについて知りたい、疑問や質問があるといった方は、『過払い金返還請求全国相談センター』の無料相談まで、メール・お電話にてご相談ください。

『過払い金返還請求全国相談センター』では、多重債務、債務超過などの借金問題でお困りお悩みの方のために「無料相談コーナー」を設置しております。“返還請求についてよくわからないから”“業者が取り合ってくれないから”とあきらめてしまう前に、まずはご相談ください。『過払い金返還請求』についてのご質問ご相談だけではなく、借金問題に関することであれば、日本全国どちらの地域からでも無料(フリーダイヤル)。携帯電話からのご相談も受け付けております。一人で悩んでしまう前に、まずは無料相談で、解決の第一歩を踏み出してみませんか?


お問い合わせ

HOME運営過払い リンク集プライバシーポリシーお問い合わせ
 TOPに戻る
JAORC 過払い
Copyright © 2008-2010 過払い金返還請求全国相談センター. All Rights Reserved.