過払い金に関する法律
過払いが発生しているかどうかを知るためには、金融業者に借金の取引履歴を開示してもらう必要があります。この借金の取引履歴から利息制限法に基づく引き直し計算をして、過払いが発生していれば金融業者に過払い金の返還請求をしていくことになります。過払い金返還請求はご自分でもすることは可能ですが、過払い金返還請求の手続上で、難航することもありますので弁護士に相談するのが良いでしょう。弁護士の場合、任意整理手続きを行なうと同時に発生している過 払い金を請求できるというメリットがあります。
過払い金に関する法律
過払い金返還請求の流れはおおまかに上記図のようになります。過払い金の金額を算出していくために、金融業者にこれまでの借金の取引履歴の確認・開示を要求します。 次に、国の法律で定められている利息制限法に基づいて本来支払う必要のなかった利息(過払い金)を計算し、過払い金を算出します。その後、金融業者にこれまで支払った過払い利息を返還を要求、「過払い金返還請求」をし、交渉和解に入り、過払い金がもどってくる、という流れになります。ただし、金融業者によっては過払い金返還請求になかなか応じない場合もありますので、過払い金返還請求は、十分な知識をもった弁護士などに代理人となってもらい、過払い金返還請求の交渉をすすめていくことをおすすめいたします。そして上記図にもありますが、過払い金返還請求を弁護士に依頼した場合、各手続きはすべて弁 護士が行いますので、速やかに過払い金返還請求を行い、過払い金を取り戻すことができます。
過払い金返還請求の手続きにおいての条件
過払い金返還請求においての条件は次のようになります。
過払い金返還請求の手続きにおいての条件
過払い金返還請求の条件としては上記のとおり

過払い金返還請求の条件1:現在借入のある方
過払い金返還請求の条件2:すでに支払いが終わっている方(過去10年以内)

過払い金の金額は、借入金額や取引年数によって異なってきます。
ご自分の過払い金がどの程度になるかわからない場合は、ぜひご相談ください。
過払い金返還請求の対象は、一般的な信販会社やクレジット・ローン、サラ金などの金融業者での借入に対しての利息が対象です。過払い金返還請求の手続きの上で対象にはなないのは、金利の低い公的金融機関の融資や銀行の住宅ローンなどです。


お問い合わせ

HOME運営過払い リンク集プライバシーポリシーお問い合わせ
 TOPに戻る
JAORC 過払い
Copyright © 2008-2010 過払い金返還請求全国相談センター. All Rights Reserved.