アイフルの事業再生ADRと破綻の可能性 

HOMEJAORC 過払い金 最新情報アイフルの事業再生ADRと破綻の可能性
< 2013年12月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

RSS

XML

© JAORC

アイフルの事業再生ADRと破綻の可能性


2009年9月 アイフルは事業再生ADR(裁判外紛争処理手続き)申請し、同年12月から会社の債務整理による経営再建を始めました。しかしこの手続きには期限があり、2014年7月10日までに金融機関64社からの借入金を返済しなければなりません。
アイフル銀行借入残高は計画以上に減少してはいますが、2014年6月末借入残高は予想として1620億円と報道されています。
破綻した場合、過払金返還はほとんど戻りません。これまでの破綻した会社のケースから想定すると、過払金の返還率は3〜5%程度になると考えられます。
アイフルで過去に借入・完済した方、現在も取引中だが、10年以上取引が続いている等、こころあたりのある方は、早急にご相談ください!

Edit WebMaster : 2013年12月17日 11:48 |
| お知らせ |